介護リフォーム


縦長手すり

photo●縦長手すり
利用者様の身体状況及び使用方法によりトイレドアの外側に手すりを設置することになりました。当初はオフセットタイプの手すりを取付希望でありましたが、その場合、外開きドアに手すりが当たるためこのような縦長手すりを設置しました。
木製手すり棒や通常の屋外用アルミ製ではタワミが大きくて不安ですが、この縦長手すりは強靭なうえ長さが270cmあるので、たいていの住宅では床から天井に上下ベースソケットで取付られます。エルボブラケットを使えば、壁にも固定できます。パイプの表面には、特殊プラスチックを使っており、手触りもよく、ばつぐんの防錆性・耐久性を発揮します。

photo●オフセットタイプ手すり
写真のように少し飛び出たような形をしています。通常はドアが当たらない内側に取付けます。

(Update : 2006/03/22)