お得情報


介護ベッド利用制限の緩和2

昨年4月からの介護報酬の改定で、要介護1までの高齢者の福祉用具レンタルを制限したことに関して、パーキンソン病や末期がん、呼吸器疾患などの疾病により状態が変化する人については医師の判断などにより4月から例外的に介護ベッドの利用を認めることが決まりました。要介護認定のみで利用の可否を判断する介護ベッドは、基準が厳しすぎるとケアマネージャーや事業者団体、自治体などから強い批判が相次いだため、昨年11月に実態調査を実施しており、調査結果を踏まえて見直したものです。
環境新聞社 シルバー新報より

(Update : 2007/03/20)