お得情報


ガス瞬間湯沸器の安全な設置について

photo●経済産業省からのお知らせとお願い
「特監法」が平成19年4月1日より一部改正され、通知がきましたので掲載します。写真では読みづらい部分が多くあると思いますので、記載します。原稿内容につきましてはそのまま記載しますので、内容に対するお問い合わせは直接経済産業省へお願いします。
ガス機器の不正な改造は、
一酸化炭素中毒などによる
死亡事故の原因となるおそれがあります。
●煙突のあるガス機器の不正な改造は、法律で禁止されています。●煙突のあるガス機器の設置・変更工事には、「ガス消費機器設置工事監督者」の資格が必要です。

photo●「特監法施行規則」が一部改正されます。
(平成19年4月1日施行)
煙突のあるガス機器(湯沸器・ガス風呂がま)の不正改造は、法律で禁止されています。
■ガス機器(湯沸器・ガス風呂がま)の不正な改造は、一切禁止されています。違反者には、罰則があります。
■修理の際は、メーカーから指示された作業手順に従ってください。
不正改造は、一酸化炭素(CO)中毒の原因に!
死にいたることもあり、大変危険です。
■不正な改造は、ガス機器の不完全燃焼などをおこし、一酸化炭素を発生させる原因となります。
■一酸化炭素は、無色・無臭ですのが毒性は強力で、吸い込むと死にいたることもあります。
■消費段階でのガス事故のうち、約半数が一酸化炭素中毒によるものです(都市ガスの場合)。
煙突のあるガス機器(湯沸器・ガス風呂がま)の設置・変更工事には、「ガス消費機器設置工事監督者」の資格が必要です。
■煙突のあるガス機器(湯沸器・ガス風呂がま)の設置・変更工事には、国で定める「ガス消費機器設置工事監督者」の資格が必要です。
■「ガス消費機器設置工事監督者」の有資格者により特定FE機器を設置する場合は、排気が正常に行われていることを確認してください。
「特監法」について
■「特監法」(特定ガス消費機器の設置工事の監督に関する法律)では、煙突のついたガス機器など特定ガス消費機器の設置なたは変更の工事(「特定工事」)の監督、監督者の資格等、監督者の義務等、表示、報告などが規定されています。
■特定ガス消費機器の設置または変更の工事を行う者(特定工事事業者)は、その工事を行うとき、国で定める「ガス消費機器設置工事監督者」に監督させるか、または、その資格を有する特定工事事業者が自ら実施に監督するかもしくは自ら工事を行うことと定められています。
■特定工事施工完了後は、引渡し前に特定ガス消費機器および給排気設備が正しく作動することを監督者自身が確認する必要があります。
経済産業省 原子力安全・保安院

photo●〜ガス瞬間湯沸器の安全な設置について〜
(経済産業省からのお知らせとお願い)

経済産業省
原子力安全・保安院

photo●ガス消費機器設置工事監督者 各位
ガス瞬間湯沸器の安全な設置について
(経済産業省からのお知らせとお願い)
平成19年4月1日より、次に揚げる機器を設置する場合、安全確保のため、別添の点検手順書AまたはB(今回は掲載致しません。お近くのガス工事会社にお問い合わせ下さい。)により、排気あふれが生じていないことを、機器の設置者が確認することが新たに義務づけられました。
これらの機器については、最も新しいものでも1987年(昭和62年)に生産を終了しているため、新品として設置することはありませんが、中古品として設置する場合がありますので、十分ご注意ください。
今後とも国民の安心・安全の確保のため、皆様のご協力をお願い申し上げます。
経済産業省
原子力安全・保安院

photo●設置時に検査が必要となる機器一覧
(全て強制排気式(FE式)ガス瞬間湯沸器)
メーカー名 パロマ工業株式会社 (連絡先)CS部お客様相談室 052-824-5145。型式PH-8号CF、PH-10号CF、PH-12号AF以上3機種。
株式会社陽栄製作所(現:株式会社ハーマン)(連絡先)ハーマン修理センター0120-38-8180またはお客様センター06-4804-8614。S8S7、S8S7B、S8S8、S10S7、S10S7B、S10S8、S13S7、S13S7B、S13S8、SF7-1、S07S01、S08S01、S8S2、S8S3、S10S01、S10S02、S10S3、SF13-1、S13S01、S13S02、S13S03、S13S4、V10S1、V10S2以上24機種。
リンナイ株式会社(連絡先)リンナイお客様センター0120-054-321。RU-9EF、RU-13EF以上2機種。
鳥取三洋電機株式会社(連絡先)三洋電機株式会社お客様センター0120-34-3958。GB-FE801以上1機種。
以上の機種を取り替えられ場合は十分にご注意ください。

(Update : 2007/04/14)